FX ニンテンドーDSでお勉強中 2009年02月





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

不景気の時には「資格取得」が流行るらしい-DSで勉強だ! 

めたのさえたがよく読んでいるBIGtomorrow(青春出版社)の2009年4月号を読んでみるとサラリーマンの多くが「不景気の今、資格取得に関心がある」ことがわかりました。

例えば、この雑誌の中には
街頭インタビューでも、
「若い人は資格をとったほうがいいですよ。いざという時強い武器になるから」というコメントがありました。その他にも宅建や社労士などの資格取得がすすめられていたりしました。

やはり不景気になると、将来が不安になります。
それに加えて残業時間が減ります(最悪の場合就業時間が減ることも)。
不安の払しょくのため、もしくは残業時間がへた分の余分な時間の有効活用のためにも資格取得は有効だと思います。

資格取得の手段の一つとして、めたのさえたはニンテンドーDSでのお勉強を強くお勧めします。
めたのさえた自身、TOEICの最高点を更新したのは任天堂DSのおかげだと思っています(DSで英語のお勉強)。

不景気の今、DSでお勉強しましょう!!
スポンサーサイト

『もっと TOEIC(R) TEST DSトレーニング』の使い勝手!(トレーニング編) 

さて、前回『もっと TOEIC(R) TEST DSトレーニング』の使い勝手!の記事を書きましたが、今回はその第2段 トレーニング編です。

前回の記事では、もっと TOEIC(R) TEST DSトレーニングを立ち上げ、TOP画面が起動するまでについてを写真を交えて紹介しました。

トレーニング編の今回は、実際のトレーニング画面の写真を交えて紹介していこうと思います。

DSC00254.jpg
上の写真を見てわかるように、トレーニングは以下の4つの項目に分かれています。
・トレーニング
・実力テスト
・ワードブック
・マイスタディ


「トレーニング」では、実際のTOEICのテストに即して、Listening(リスニング)とReading(リーディング)とを勉強できます。
Listening(リスニング)では、写真描写問題や応答問題、会話問題、説明問題があります。
Reading(リーディング)では、短文穴埋め問題、長文穴埋め問題、読解問題が用意されています。
それぞれ、レベルが1~4まで設定されており、易しい問題から慣れ、徐々に難しい問題が解けるようになっています。

「実力テスト」では、トレーニングで勉強した成果をテストし、実際のTOEICでどれくらいの点が取れるか英語レベルを測定できます。

「ワードブック」では、英単語を「書いて、見て、聴いて覚えることができます。
DSC00258.jpg
上の写真が、書いて単語を覚える画面です。下の写真は見て単語を覚える画面です。
DSC00259.jpg

「マイスタディ」では、語彙力、文法力、聴聞力、読解力をそれぞれ勉強できます。

そして、これらのトレーニングを進めていくとスタンプが集まっていくんです。
DSC00263.jpg

そのスタンプを集めれば、設定画面でトレーニングした日にしるしをつけるスタンプの絵柄を変えることができます。
自分好みのスタンプに変更し、てトレーニングをしてカレンダーにスタンプをいっぱい押そうって気持ちになれますよ。

以上、簡単にもっと TOEIC(R) TEST DSトレーニングの使い勝手を2回にわたって紹介しました。

このソフトを駆使して、勉強すれば実際のTOEICテストで点数がUPするのは確実でしょう!

----------------------------------
関連記事

『もっと TOEIC(R) TEST DSトレーニング』の使い勝手!
我が家のTOEIC勉強DSソフトのご紹介
『もっと TOEIC(R) TEST DSトレーニング』を買って試してみました。 音が悪いのが難点か・・・

2009年最初のTOEICは4月に受けることになりそう! 

2009年最初のTOEICテストは4月に受けることになりそうです(IPです)。
前回までの最高点が625点です。更新できるように頑張らなければなりません。
最近、勉強が進んでいません。毎日積み重ねて勉強していこうと思います。

もちろんニンテンドーDSを使用して勉強します♪
(使用ソフトはもっと TOEIC(R) TEST DSトレーニングです。)

任天堂DSでお勉強してスキルアップ!
この不景気を乗り切りましょう!

YES WE CAN!

『もっと TOEIC(R) TEST DSトレーニング』の使い勝手! 

さて、先日『もっと TOEIC(R) TEST DSトレーニング』を買って試してみました。 音が悪いのが難点か・・・ という記事を書きましたが、今回は写真を交えながらもっと TOEIC(R) TEST DSトレーニングの紹介をしようと思います。

さて、もっと TOEIC(R) TEST DSトレーニングは2人分のデータが保存されます。
そして、電源を入れてソフトを起動してまず表示されるのがこの写真↓
無題
データのBやEというのは実力テストの結果です。

さて、データを選んでトレーニング開始です。
すると、こんな画面が!
DSC00248.jpg
ビジネスで使える一文が学べるんです。もちろん、音声付きで。
DSC00249.jpg

ビジネス文書を学んだらトップ画面に切り替わり、ここからそれぞれ勉強したい項目を選びます。
DSC00254.jpg

トレーニングをしたり、トレーニングで実力があがったと思えば実力テストに挑戦します。
上の画面では、カレンダーが表示され、トレーニングをした日に「スタンプ」押され、テスト日を入力しておけばテストまでの残日が表示されます。
DSC00253.jpg

前回紹介した、TOEIC(R)TEST DS トレーニングでは、トレーニングをした日は水やりマークで花を咲かせるシステムでした。
(「我が家のTOEIC勉強DSソフトのご紹介」の記事を参照してみてください)

さて、今回はもっと TOEIC(R) TEST DSトレーニングの使い勝手のメニュー画面などに関して説明しました。

次回は、トレーニング編をお伝えしようと思います。

----------------------------------------------
関連記事

我が家のTOEIC勉強DSソフトのご紹介
『もっと TOEIC(R) TEST DSトレーニング』を買って試してみました。 音が悪いのが難点か・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。